生え始めの白髪対策は?

10代、20代でも白髪はありますよね。
「きゃ~若白髪みっけ!」なんていって、抜いて終わり。
時々見つける白髪は、まばらでそんなに目立たないからその程度で笑って済ませられました。

生え始めの白髪対策

生え始めの白髪対策は?

白髪になるのはいくつから?
これは個人差があるのでなんともいえません。
時々ポツリポツリ見つかる『若白髪』とは根本的に違って、生え際やこめかみ、頭頂部など部分的にまとまって増えてきます。
こうなってくると、対策としてはもう『染める』しかありません!

加齢は誰にでも訪れます。
いづれ白髪染めとは付き合わなくてはいけなくなるのです。

でも!
白髪になるのを遅らせることができたら?

生え始めの白髪が気になるようになったら、まずはここから白髪が増えないような対策が必要です。

そのためには、白髪の原因を知ること。

とはいえ、白髪になるメカニズムは完全に解明されているわけではありません。
ただ、原因としては以下のものがあげられます。

  • 遺伝
  • 栄養不足
  • ストレス
  • ホルモンバランスの崩れ(妊娠・出産)
  • 生活習慣

この中で、改善する余地のあるものは、「ストレス」「栄養不足」「生活習慣」の3つです。

生え始めの白髪で対策できること

白髪の生え始め、もうあきらめるしかないのでしょうか?
遺伝によるもの、加齢によるものはあきらめるしかありませんが、それ以外の原因であれば対策は可能です。

ストレスと白髪の因果関係

ストレスは白髪だけでなく、体全体に変調をもたらします。
ストレスがあると血行が悪くなるので、あらゆる栄養分が必要なところに届かなくなってしまうからです。
ストレスの原因は精神的なものなので、なかなか自己解決するのは難しいかもしれません。

まずは、ストレスを発散する方法を見つけましょう。

栄養不足と白髪の因果関係

栄養不足は白髪だけではありません、抜け毛の原因にもなります。
髪の毛はケラチンというたんぱく質でできています。
しかしながら、たんぱく質はまずは体を作る細胞のために使われ、髪の毛は一番後回しになるのです。
メラニン色素を生成するのはチロシンというアミノ酸。
チロシンは準必須アミノ酸とされていて、たんぱく質が体内と生成量が減ってしまうのです。

白髪を増やさないためにできること

白髪予防のために取りたい栄養素

  • ヨード(ヨウ素)
  • チロシン
  • ケラチン(たんぱく質)
  • パンテトン酸カルシウム(ビタミンB群)
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • 亜鉛
  • 鉄分

まずは偏った食生活を変えることから始めましょう!

生活習慣と白髪の因果関係

ここは一番改善余地があるところといえます。

  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ
  • 喫煙
  • 飲酒

これらはすべて、白髪に限らず健康な体のためには改めたい生活習慣です。

サプリメントで白髪を減らすことはできる?
白髪対策サプリメントなるものが発売されています。

飲むだけで白髪が減るのか?
気になるところですね。

確かに白髪になる原因としては、栄養不足があげられるので、この不足しがちな栄養素を補うことは、白髪の改善に一役買っているのかもしれません。

生え始めの白髪こそ効果が期待できるかも?

生え始めの白髪のお手入れは?

あ!白髪みつけた!なぁんて抜いている方。
それはよくありません。自然と抜け落ちた毛ではないので、毛穴に負担をかけています。
確かに白髪を抜けば、白髪は減るので有効な方法かもしれません。
でも、そこから生えてくる髪の毛は次も白髪です。
やりすぎると、短い白髪がぴょんぴょん生えてきて余計目立つことになりかねません。

うまくヘアスタイルで隠すか、軽いマニュキュアなどで染めるのがいいでしょう。
あるいは、リタッチタイプの白髪染めでその部分だけを染めるのもありです。

更新日:

Copyright© 白髪染め利尻カラーシャンプー染まらない?染まる?【画像あり】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.