白髪染、眼シャンプー 白髪染めトリートメント

市販の白髪染めを使い続けるデメリット

白髪染め、どうしてますか?
みんな最初は美容院で染めてもらうんですよね。
でも、もう毎月のように白髪染めをしないといけないようになってくると、美容院代がもったいないって思っちゃうのです。
また、時間もかかるので、でかけていくその時間ももったいないと思います。
最近は、手軽に自分で染められる白髪染めが売られているので、これを利用している人が多いかと思います。
でも!市販の白髪染めを使い続けていると、なんだか髪の毛がパサパサしてきませんか?
市販の白髪染めを使い続けていると・・・

市販の白髪染め あるある

ずっと、同じ白髪染めを使っていると、だんだん髪の色が赤茶けた感じになってきませんか?
それは、髪の毛が傷んでキューティクルが開きっぱなしになってしまうからなんです。
だから、どんどん色が抜けて行ってしまうんです。

白髪染めというのはアルカリなんですね。
これが髪の毛の痛みとなる原因。
だから最近は酸性パーマなんて言うのがあるわけです。

美容師さん曰く、白髪染めは美容師の技術として一番難しいのだそうです。
その髪の状態にあった配合をしないといけないから。
そして、根元の白髪が出てきたところだけを、アルカリが少ない溶液で染めるんです。
さらに、また髪の状態にあったトリートメントをして髪の毛をケアします。
だから、美容院で染めてもらうと、それなりに痛みも少なくきれいに染まるんです。

いいね
お金がもったいないというのもわかりますが、白髪染めをするなら、 何回かに1回は、やっぱり美容院に行ってチェックしてもらいましょう。

白髪染めだけじゃない!セルフカラーの危険性について

初めて美容院で毛染めしたときって、「パッチテスト」が必要なので、当日に染めてもらうことはできません。
これは、薬剤に対してアレルギーがないかどうかをテストするんです。
白髪染めには酸化染料が使われています。薬剤によって様々ですが、ヘアカラーは、

  • パラフェニレンジアミン
  • 参加トルエン2.5-ジアミン
  • パラアミノフェノール

といった成分が酸化することによって染毛できるようになっています。
パッチテストで、これらにアレルギー反応がでることがあります。
これが、ジアミンアレルギーです。

チェック!
気をつけないといけないのは、今まで大丈夫だったものが、ある日突然発症する場合もあるということです。

アレルギーですので、重症な場合は、アナフィラキシーで呼吸困難に陥ることもあります。

ジアミンアレルギーを発症してしまったら、もう白髪染め剤は使えなくなってしまうのです。

はてな
いくらメイクやファッションを頑張っても、頭が白髪だったら・・・

そうはなりたくないですよね。

それが嫌ならば、白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーをお勧めします。

ただし、1回では染まりませんし、これを始めてしまうと、もう白髪染めには戻れませんから
そのつもりで始めてくださいね。
※白髪染めトリートメントを使っていると、市販の白髪染めや美容院の白髪染めを使っても染まりません。
ただし、完全に色が抜けてしまって、ヴァージンヘアに戻ったら問題なく染められます。

私は白髪染めシャンプーとトリートメントを使ってこんな感じです。

私が使っているのは、「利尻ヘアカラートリートメント」と、「利尻カラーシャンプー」です。

それぞれの特長や使い分けについては、こちらをお読みください。

利尻白髪染めシャンプーとトリートメントの違い、使い分けについて

投稿日:

Copyright© 白髪染め利尻カラーシャンプー染まらない?染まる?【画像あり】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.